ちょっとしたお金の使い方

日々の暮らしの中で

新卒で入社した会社では、初め現場に配属されました。

シフト制で、朝日の昇る前からの時もあれば、日付が変わってから帰る時もありました。

現場仕事ですので、体を動かす分よく食べよく飲みました。

ちょっと喉渇いたなぁと思えば自販機で買うし、帰りが遅くて夜ご飯作るのが面倒な時はコンビニで済ませていました。

一度に大きなお金を使うわけじゃないけれど、ちりも積もれば。。。

 

そんな頃が懐かしく思える今、会社へは弁当を持参し、近頃は水筒まで持っていっています。

弁当箱はタッパーを使い、水筒は以下のものを使っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) HDボトル1000 1L シルバー UE-3371
価格:2479円(税込、送料無料) (2021/6/13時点)

楽天で購入

 

 (↑だと送料無料です)

100円の重さ

自販機で買う飲み物が100円だとします。

100円を得るために、どのくらい働かなければなりませんか。

時給1000円の人でしたら、100円稼ぐのに必要な時間は6分。

なんだ、たいした時間ではないからこれからも買おう、というのはちょっと待って。

100円を労働収入から得ようとすると6分ですが、投資から得ようと思ったら元本はいくら必要でしょうか。

(元本10,000円を年1%で運用すると100円になります)

毎日ですから、出勤回数が20日とすると、ひと月2,000円費用が発生します。

年間にすると2,400,000円の元本が必要になります。

(2,400,000円✖️1%=24,000円➗240日=100円)

240万円もの資金を使わずに貯め、それを1%の利回りで得られるお金。

なんか、すごく大変な、重みのあるお金になりませんか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) HDボトル1000 1L シルバー UE-3371
価格:2479円(税込、送料無料) (2021/6/13時点)

楽天で購入

 

日々の暮らしの中で

年功序列の会社であれば、使えるお金は少しずつでも増えていくでしょう。

でも給料に頼らない生活を目指すのであれば、そのスピードをもっと加速度的に増していかなければなりません。

必要なものは買いますが、安いからいいかと思うってしまう考えを捨て、本当に必要なものなのか、考えるようにしています。

毎日の飲み物代100円を使わずに貯めるとひと月2,000円貯まり、年に24,000円貯まります。

24,000円あれば、ちょっといいところにお寿司食べにいけます。

 

 

この水筒ですが、夜のうちに氷と麦茶を入れて翌日会社に持って行っていますが、帰る時でも氷が残っていました。

保冷の性能は抜群です。

水筒欲しいなぁとお考えの方、この水筒、悪くないと思いますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) HDボトル1000 1L シルバー UE-3371
価格:2479円(税込、送料無料) (2021/6/13時点)

楽天で購入